メソセラピーの効果と体験談> メソセラピーとは > メソセラピーの脂肪溶解剤


メソセラピーの脂肪溶解剤

メソセラピーの脂肪溶解剤は、フォスファチジルコリンが主成分です。
大豆から抽出される大豆レシチンというアミノ酸の一種で、欧米では高脂血症や脂肪肝などの治療に使われています。
血液中のコレステロールや中性脂肪の量を下げ、脂肪の適切な代謝を促すものです。

メソセラピーで脂肪溶解剤を注射すると、脂肪細胞に浸透し、脂肪を分解します。
分解された脂肪の老廃物は腎臓や腸の働きによって体外に排出されてしまうため、体内に蓄積されることはありません。
メソセラピーは脂肪吸引とは違い、脂肪除去のムラがでにくい為、皮膚の表面が凸凹になる心配はありません。
メソセラピーは脂肪細胞自体が分解されて消失するため、リバウンドの心配もありません。
メソセラピーでは麻酔をおこなう必要もないため、その点では安全性が高い治療といえます。



前の記事: « メソセラピー施術の流れ
次の記事: メソセラピーの費用 »
HOME: メソセラピーの効果と体験談

| トラックバック (0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.maruanki.com/mt3/mt-tb.cgi/1098

この記事に関する経験談等の書込みをお願いします

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)





 

Copyright © 2006 メソセラピーの効果と体験談. All rights reserved